ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

関東エリア 手ぶらでOKのバーベキュースポット

      2016/04/19

関東エリア 手ぶらでOKのバーベキュースポット
BBQ1
今年も待ちに待ったアウトドアシーズンがやってきました。

アウトドアの楽しみ方はここ数年ずいぶん多様化しましたが、手軽にやれるアウトドアといえばなんといってもバーベキュー。

青空の下、家族や仲間がそろってワイワイ食べる楽しみは格別ですね。

でも、バーベキュー、思い切り楽しみたいけど、コンロ等の道具をそろえるのもけっこう大変。もちろん持ち運びも。

そこで今回は関東エリアで手ぶらで行けるバーベキュースポットをご紹介します。

食材も持ち込まず現地でOK、そんな所もありますので、是非ご覧下さい。

 
おすすめの場所はここ
シェラトン都ホテル東京 カリフォルニア

最初にご紹介するのは、なんと東京の都心。閑静な住宅街にあるホテルです。え?ホテルでバーベキュー?

そう、このホテルのテラスでは、夏季限定にはなりますが、バーベキュープランというものがあります。

もちろん食材も全てセットですから、持って行くものは何もありません。

自然の中で鳥のさえずりや、川のせせらぎを聞きながら、というのがバーベーキューのイメージですが、

都会の真ん中でアウトドア気分を満喫するのも素敵です。

尚、必ず予約が必要となりますので、お問い合わせ下さい。

 

住所 東京都港区白金台1-1-50 シェラトン都ホテル東京

電話 0120-95-6661

http://www.miyakohotels.ne.jp/tokyo




 

TOKYO BBQ アクアシティお台場店

こちらも東京都内です。なんとベイエリアの夜景を満喫しながらバーベキューを楽しめます。

アクセスもゆりかもめお台場駅下車7分と、とても便利です。

これなら思い立ったら即バーベキューが実現できそうです。

但し、こちらも予約が必要となります。

週末はすぐに予約でいっぱい、ということもあるかもしれませんので、日程さえ決まったら即予約です。

きらめくレインボーブリッジを見ながらのバーベキュー。いつもと違う空気感に、ご家族もきっと喜ばれるはずです。

コースは3タイプの中から選ぶようになっています。

 

住所 東京都港区台場 アクアシティお台場

電話 080-9692-6577

http://en3cube.com/bbq/index.html




 

白浜 フラワーパーク

こちらは、自然も自然、南房総の最南端です。

太平洋を一望しながらのバーベキュー。こんな楽しみ方はいかがでしょうか?この施設も手ぶらでOKです。

ペット可ですから、ペットを飼っていらっしゃるご家族も心配ありません。

テントサイトがありますので、キャンピングもできます。

そしてこの施設の一番の特徴はアメリカ先住民の移動式住居「TIPI」を模したコテージです。

4人まで宿泊が出来る大きさになっています。

バーベキューでおなかいっぱいにした後は、はるかアメリカの荒野に思いをはせながらTIPIでお休み。

子供達もきっと大喜びに違いありません。

駐車場は無料駐車場が100台分用意されていますので、ご安心下さい。

潮風を感じながらのバーベキューをお楽しみ下さい。

 

住所 千葉県南房総市白浜町根本1454-37

電話 0470-38-3555

http://flowerpark.awa.jp/




 

ワイルドクッキングガーデン

ここは、さがみ湖リゾート・プレジャーフォレストという遊園地の敷地内にある、首都圏最大のバーベキュー場です。

バーベキューサイトには大きな屋根がありますから、せっかく予定を立てたのに当日になって雨が、なんていう時でも平気です。

コンロ等の道具はもちろん、食材からお箸までここですべて入手できますから、まさに手ぶらでOK。

テントサイトやコテージもありますし、さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト内には入浴施設もあります。

バーベキューを含めて、ご家族そろってゆったりと時間を過ごせる、そんな施設です。

 

住所 神奈川県相模原市緑区若柳1634

電話 042-685-0818

http://www.sagamiko-resort.jp/bbq/

 
バーベキューをさらに楽しむために
BBQ2
いくつかご紹介しましたが、最後に「手ぶらバーベキュー」といっても、忘れちゃいけないアイテムを少し載せておきます。

1、軍手・・・大きめのコンロだと真ん中にあるお肉を取る時すごく手が熱くなります。これは必ず持参してください。

2、虫よけ・・・郊外で何時間も過ごすことになりますから、これも必需品。

夜のバーベキューなんていうときは、特に必要です。

3、リード・・・ペット(犬)のリードです。最近はペット可のところが増えてきましたが、飼い主としてのマナーはきっちりと

お願いします。

4、エプロン・・・施設のほうで入手できるところもあると思いますが、やはり持って行ったほうがいいでしょう。

特に女性は、アウトドアと言ってもおしゃれには気を使いたいですから。

不織布でできた使い捨てのタイプがおすすめです。

5、キッチンバサミ・・・これも施設のほうで貸し出ししてくれるところもあるかもしれませんが、私の一押しです。

小さなお子さん連れの場合、大きなお肉を食べやすくするために、焼く前にこれで切っちゃいます。

包丁やアウトドアナイフでももちろんかまいませんが、こちらのほうが断然便利で安全。

しかも素早く切ることができます。

 

他には、日差しのある日なら帽子も必要ですし、いざという時のために、ファーストエイドもあったほうがいいでしょう。

でも、もしお車で出かけるのなら、一番必要なのは前日の十分な睡眠かもしれません。

くれぐれも安全運転で、楽しいアウトドアライフを満喫してください。


 - レジャー