ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

忘年会の予約はいつからするべき? 出遅れないようにしよう!

      2016/11/04

忘年会の予約はいつからするべき? 出遅れないようにしよう!
忘年会予約2
会社で自分が信頼されてきた今日この頃、会社の忘年会を任される方も今年はたくさん出てきたのではないでしょうか?

今回は忘年会の会場はいつから予約したほうがいいのか?失敗しないお店選びやスケジュール調整についてまとめました。

大切な一年の締めくくりをビシッと決めて気持ちのいい来年を迎えましょう!

 
忘年会の予約はいつからしたらいいのか?
突然忘年会一週間前にお店を探そう!ということになったら、どこも予約でいっぱいのパターンが目に見えています。

そうならないためにも、いつ忘年会を開催するのか?一人一人の予算はどれくらいにするのか?人数や規模はどうなのか?を明確にリサーチしておきましょう。

下調べはきちんとしておかないとトラブルの発生率がとても高くなります。

 
忘年会の会場は自分一人で決めないようにしよう
忘年会には老若男女、いろんな方が参加します。

そのため自分がいい!と思った場所が参加する皆さんにとってベストな会場とは限りません。

バーのような落ち着いたおしゃれな場所がいいのか?それとも男同士で飲み明かせるような行きつけの場所がいいのか?など会場を決めるときはあらかじめ異性の方や年が離れた人に聞いてから予約と取るとたくさんの人に満足してもらえますね。

 
忘年会は12月の中旬にたくさん開催される?
基本的に1か月前に忘年会の予約を取り、12月の中旬あたりから開催するのが普通です。

となると11月中旬~12月上旬までにはお店に予約を入れておきたいですね。

ですが周りの会社の人たちと同じように開催日を指定すると、居酒屋などでは周りがうるさかったりして何かと忘年会が過ごしづらかったり気を使わなければいけないことも出てきます。

忘年会に参加される方の都合がつくのであれば、ある程度日程を早めに設定するのもいいですね。

 
参加する人たちの予定をきちんと把握しておこう
忘年会はたくさんの方が参加するため、スケジュールには細心の注意を払わなければいけません。

特に上司の方の予定には目を配っておいたほうがいいでしょう。

1か月先の予定を把握するのが難しい場合は希望の日時を聞いて回り、その日を確保できるように予約を早めに入れるようにするとスムーズに行きますね。

後に後にと準備を遅らせてしまっては、どこも満席になってしまい大慌てになってしまいます。

できるだけ準備は早め早めにやっておくのがいいでしょう。

今年の忘年会がうまくいくといいですね。

 
お酒が飲めない方が忘年会でお酒を断る方法
忘年会予約3
お酒の場に飲める飲めないに限らず一度足を踏み入れると、どう断っても飲むことを避けるのが難しい場合が出てきます。

ですがお酒の場で強引にお酒を飲ませるのは「アルコールハラスメント」として傷害罪になります。

これは立派な犯罪です。

もし強引にお酒を飲ませられて困っている人がいたら喧嘩になる覚悟で止めたほうがいいでしょう。

飲ませた人が警察に訴えられたら会社そのものが大損害を受けることにもつながります。

被害を受けるのは飲まされた人だけでなく、会社で働いている人たち全員に被害が出る危険性があります。

もしあなたが仮に上下関係で下の立場の場合でもこのことをきちんと説明し、何が何でも止めたほうが今後のためになるでしょう。

もし困っている人がいたら助けてあげて下さい。

できるだけこのことを上司に伝えて参加したくない人は参加しないような形をとるのが一番ですね。


 - イベント