ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

結婚式での服装 「セミフォーマル」って言われたら何を着るべき?

      2016/10/17

結婚式での服装 「セミフォーマル」って言われたら何を着るべき?
セミフォーマル1
 

結婚式にお呼ばれした時、迷ってしまうのが服装ですよね。

結婚式といえども、最近は挙式や披露宴以外にも、1.5次会や2次会など、様々なタイプのパーティーが行われるため、状況に合わせた服装を心がけることが一番です。

近頃は結婚式や披露宴、1.5次会や2次会では、セミフォーマルな装いが一般的になってきています。

今回はセミフォーマルについて調べてみましたので、是非参考にしてみてください。

 
セミフォーマルとは
セミフォーマルというのは、なかなか明確な定義がないのですが、本来はフォーマル(正礼装)に次ぐ準礼装ということになりますので、略礼装よりも格上のドレスコードになります。

◎フォーマルウェア(正礼装)

◎セミフォーマル(準礼装)

◎インフォーマル(略礼装)

順番としては、この順番になります。

 

招待状には、よく「平服でお越し下さい」と書かれていますが、これはインフォーマルを指しています。

間違っても普段の服装では出席しないようにしましょう。

 

 
セミフォーマルの具体例
セミフォーマルと言いましても、結婚式が昼間に行われるのか、午後5時以降に行われるのかにより、身に着けるドレスのデザイン、そしてアクセサリー類なども微妙に変わってきますので、注意が必要です。

 

昼のセミフォーマル

ドレスは、ツーピースやスリーピースといった比較的アレンジしやすいドレスを選んでください。

柄物でもOKですので、流行に乗ったデザインを取り入れても大丈夫です。

スカート丈は、膝下か膝下より少し長めのミモレ丈が一般的です。

素材は、シルクや上質なウールなど、光沢のないものを選んでください。

 

アクセサリーは、光物は避け、コサージュやパールなどの落ち着いたものでまとめてください。

靴は、パンプスやヒールの高いものを選んでください。素材は、スエードやサテンなどの落ち着いたデザインのものがベストです。

 

夜のセミフォーマル

カクテルドレスが夜のセミフォーマルにはピッタリです。

スカート丈は、ノーマルな膝丈からミディ丈のものを選んでください。

素材は、サテンやラメをはじめ、オーガンジーやレース、ウールまで、様々な素材を選択することができます。

色合いに関しても制限がなく、ロイヤルブルーや赤、グリーンといった華やかな色を選ぶこともできますよ。

 

アクセサリーも、ゴールドやプラチナといったきらびやかな宝石類を選ぶこともできます。

ドレスに合ったファッションジュエリーを見つけても良いですね。

ハンドバッグは小さめのものを選び、素材は革やエナメルのような光沢のある素材を使用したタイプのバッグがベストです。

表面にビーズなどの光る石であしらってある華やかなデザインのバッグも素敵ですよ。

 
まとめ
セミフォーマル2
結婚式の服装、セミフォーマルについて調べてみました。

新婦さんと被らない白のドレス以外なら何でもいい、なんてお考えの方、思った以上に色々な決まりがあることがわかりましたね。

セミフォーマルと一言で言っても、着る時間によっても違ってくることは心得ておきたいですね。

せっかくのお祝い事ですから、きちんとした服装で相手を祝う気持ちを表しましょう。


 - 生活