ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

出産祝いのお返しはどうしよう?相場は?

      2016/10/12

出産祝いのお返しはどうしよう?相場は?
出産祝いお返し1
出産祝いをいただいたら、お返しを考えますよね。

出産祝いのお返しは「内祝い」という形でお返しすることが一般的です。

出産されたばかりで慌ただしいのに、出産内祝いについて頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか。

相手もあることですので、マナーをしっかり押さえておけば、そんなに頭を悩ませなくても大丈夫ですよ。

今回はこの出産内祝いの基本的なマナーやおすすめの品物、金額の相場などを調べてみました。

 
出産内祝いの相場は?
多くの場合、出産内祝いの相場は、出産祝いにいただいたものの2分の1から3分の1とされるようです。

例えば、いただいたお祝いが1万円であれば、お返しは3千円から5千円の品物ということになりますね。

しかし、この相場というのは地域によって大きく違います。

関西の一部では、いただいた金額の一部をその場でお返しする風習がありますし、いただいた金額を全額お返しする、いただいた倍の金額をお返しする、といった地域もあるようです。

このような場合もあるので、両家のご両親に事前に相談をしてみることも大切ですよ。

 

また、両親や上司などから高額な出産祝いをいただいた場合は、半額では高額すぎるという場合もありますので、その場合は3分の1くらいの値段のものに抑えてもよいですし、記念に残る品物にお菓子などをつけるなどして、二品に分けてもよいですよ。

職場の方など大勢からまとめていただいた場合は、「みなさんで召し上がってください」と分けやすいお菓子などをまとめてお返ししても良いですし、少額の贈り物を個別にお返ししても良いと思いますよ。

 
出産内祝いおすすめの品物は?
相手の趣味がよくわかっている場合は、好みにあったものを贈るのがいいでしょう。

しかし、なかなか難しいことが多いですね。

そういった時に便利なのは、カタログギフトや商品券です。

ただ、金額が相手にはっきりとわかってしまうという欠点がありますので、商品券+お菓子などを付けてあげると直接的ではなくていいかもしれませんね。

 

一番無難なのが、タオルなどの生活用品や消耗品、お菓子の詰め合わせや珈琲・紅茶などの食料品です。

高級感のあるお菓子や、高級な調味料、フワフワな日本製のタオルなど、自分ではなかなか買わないけれど、いただいたら嬉しいというものが喜ばれるようですよ。参考にしてみてくださいね。

 

最近では子どもの写真や名前入りグッズなども出産内祝いとして見かけますが、家族・親族なら喜ばれるかもしれませんが、他人の子供の顔や名前が入っているものは、使えなくて困ってしまうことも多いです。あまりおすすめはできません。

 
まとめ
出産祝いのお返しの品物や相場について調べてみましたが、いかがでしたでしょうか。

出産後の忙しい時期ですが、いただいたお祝いにお返しをするということはとても大切なことですから、是非、きちんとお返ししてくださいね。

赤ちゃんの誕生を祝ってもらえたことへの感謝の気持ちを忘れず、相手に喜んでいただけるような内祝いを贈りたいですね。


 - こども, 生活 ,