ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

結婚式に欠席した場合のご祝儀は?!どうしたらいいの?

      2016/10/12

結婚式に欠席した場合のご祝儀は?!どうしたらいいの?
結婚式欠席1
友人から結婚式に招待されたのに、どうしても都合がつかなくて欠席しなくてはいけないことってありますよね。

そんな時、悩んでしまうのでご祝儀の問題ではないでしょうか。

 

ご祝儀は贈った方がいいの?でも贈るとしてもどれだけ包めばいいの?など疑問はいっぱいですね。

お祝い事ですから、できれば無礼は避けたいですよね。

今回はそんな結婚式に欠席したときのご祝儀について調べてみました。

 
ご祝儀はいる?いらない?
お祝いしたい気持ちがあるのであれば、ご祝儀は渡した方が良いでしょう。

渡す時期としては、結婚式の日までに渡すようにしてくださいね。

なるべくお日柄の良い日を選んで、相手の自宅に届けるのが正式ですが、お友達なら会った時に渡してもいいと思いますよ。

なかなか会えない方には、郵送するという方法もありますよ。郵送でももちろん失礼にはあたりません。

あまり親しくない方からの、突然の結婚式への招待であった場合であれば、ご祝儀は必要ないかもしれません。

ここは相手との関係、今後の関係も視野に入れて考えてみてください。

 
ご祝儀の相場は?
友人の結婚式に欠席した時のご祝儀の相場は一般的には1万円程度だそうです。

1万円+プレゼント、もしくは祝電という形をとる方が多いようです。

ただ、これは、欠席をすると伝えたタイミングによって金額が変わってきます。

結婚式の招待状が届いてすぐに欠席で出した場合や、招待状を送る前の打診の段階での欠席の場合はこの金額でいいと思います。

 

結婚式に出席と返事をしていたのにも関わらず、当日どうしても行けなくなった場合は、相手側がお食事や引き出物などの用意をしてしまっているので、結婚式に出席した時と同じくらいのご祝儀を渡すのが礼儀です。

当日ではなくても、式の日近くで欠席する場合も一緒です。

できれば、欠席の連絡は早めに、数カ月以上は前にはしましょう。

 
自分の結婚式に出席してくれた友人には?
自分の結婚式に出席してくれた友人の結婚式に欠席しなくては行けなくなった場合、ここが一番頭を悩ませるところだと思います。

調べてみると、いただいたご祝儀の同額を渡した方がいいという考えと、一般的な欠席の場合と同様、1万円+プレゼントという形でいいという考えの両方がありました。

結婚式に出席しないのだから引き出物もお料理もいただけないのに、いただいたご祝儀と同額を渡す必要あるの?とお思いになる方は、1万円でいいのかもしれません。

しかし、私個人の考えとしては、今後も仲良く付き合っていきたいお友達であれば、やはりここは同額の方がお互いうまくいくのかな、と思います。

 

ただしここは、個人的に考え方が違いますし、一概にこうした方がいいとは言い切れないので、今後の付き合い方から考えてみてもいいかもしれませんね。

 
まとめ
結婚式欠席2
結婚式に欠席したときのご祝儀について調べてまいりましたが、様々な状況によっても違いがありますので、周りの方とも相談して決めるのが一番かもしれませんね。

ご祝儀というのは本来お祝いの気持ちを表すものですから、これからも仲良くお付き合いしていきたいお友達には、失礼のないようにお渡しするのが一番かと思います。


 - 生活 ,