ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

結婚式の受付を頼まれたら ふさわしい服装やマナーについて

      2016/10/14

結婚式の受付を頼まれたら ふさわしい服装やマナーについて
受付マナー1
お祝いごと、特に結婚式の出席や役割を依頼された場合は、よほどの理由がない限り快く引き受けるのがマナーです。

結婚式の受付は二人の新しい門出の出発のお手伝いをさせていただける大きな役割であると共にとても喜ばしいことです。

素敵な結婚式の受付をさせていただくためにふさわしい服装やマナーについて紹介します!!

 
結婚式の受付 服装と髪型のマナー ~女性の場合~
和装

受付に一番ふさわしい服装は日本人ならではの正装。着物です。明るい色を選びましょう。

未婚の場合は振袖、既婚の場合は訪問着・付け下げを選びましょう。

 

洋装

・華やかすぎてはいけないと思っている方も多いですが、明るいドレスがオススメ。

・結婚式には白はNGです。

・全身黒もNG。黒を着る場合は華やかな色と合わせたりアクセサリーにパールを活用しましょう。

・靴はブーツやサンダル、ミュールなどを避けストッキングを履きパンプスを履きましょう。ヒールが3センチほどのものが足がきれいに見えます。

 

洋装の注意点

受付は前かがみになることが多いので胸元の開いたドレスは避けましょう。

露出はNG。肩や背中が出ているドレスはボレロなどを着用しましょう。

 

髪型

髪がばらついたり、顔にかかったりするのはNG。アップかハーフアップがおすすめです。ショートの場合はばらつかないようなセットを工夫してください。

 



受付は手元を見られる機会が多いので清潔感のある爪を。ネイルをする場合は派手すぎないものをチョイスしてください。

 
結婚式の受付 服装と髪型のマナー ~男性の場合~
基本は白いシャツにダークカラーのスーツ。ネクタイやポケットチーフにさし色をすると華やかになります。

ネクタイは光沢のある白やシルバーが無難です。パステルカラーもオススメです。

男性の受付も手元を見られる機会が多いので爪を短く切って清潔感を。

 
結婚式受付のマナー
前日までに確認しておくこと

・打ち合わせのためにゲストより早く行く必要があるので集合時間と場所の確認。

・ゲストからお預かりしたご祝儀はどなたに渡すのか。

・お車代・心付けを渡す方のお名前。

・当日遅刻したゲストへの対応方法。

 

結婚式の受付を始める前に

・受付の顔合わせ。一般的には受付は新郎側と新婦側から2名ずつ。計4名。

・係りを分担する。ご祝儀係りと案内係りに分けるのがベスト。

・会場スタッフと打ち合わせ。※この時にスタッフの顔を覚えましょう。ご祝儀の盗難防止になります。

・当日困らないように、ご芳名帳には住所と名前を両方記入するのか、夫婦や家族で来てくださるゲストの方は一人一人名前を記入するのかを確認しておいてください。

・両家に挨拶。

・トイレ、控室、クロークの場所、ドリンクコーナーの使用方法(ゲストから聞かれてもスムーズに案内出来るように把握しておくのがマナー。場合によっては最寄り駅やコンビニを聞かれる場合もありますので、予備知識として頭に入れておくと良いです)。

・スタッフの方が準備してくれますが受付に必要な物があるか確認をする(ゲスト名簿・ご芳名帳・お車代・心付け・ご祝儀を保管する袋・ご祝儀を乗せるお盆など)。

 

※必ず守りたいマナー※

・受付を開始する前に必ずとトイレを済ませる。受付はご祝儀を預かる大切な役目でもあります。よっぽどの事情がない限り席は外せません。

・受付の机の上や下に自分の荷物を置くのはNG。自分の荷物は預けておきましょう。

 
結婚式受付の流れ
1、ゲストの方が受付に来られたら

一礼し、ゲストからの「本日はおめでとうございます」という言葉に「ご出席ありがとうございます」と答えます。

笑顔ではっきりした口調で対応しましょう。

※知り合いや知人と受付で盛り上がって話をするのは、とても印象が悪くなりますので控えましょう。

 

2、ご祝儀を頂いたら

「ありがとうございます。お預かりします」と言い必ず両手でお預かりします。お預かりしたご祝儀は祝儀袋がゲストの正面に向くように持ち直してからお盆に積み上げます。

※お盆のご祝儀は寂しい印象を与えないようにお盆に半分くらいは常に残しておきましょう。半分のご祝儀はご祝儀係りの人が袋などに入れて別に置いておく。

 

3、ゲストにご芳名帳の記入をお願いをする

「恐れ入りますがこちらにご記入をお願いします」とお願いをします。

 

4、席次表はゲストの皆さまへ。お車代・心付けは両家から頼まれているゲストへ渡す

お車代や心付けをお渡しするゲストの方は事前に名簿にチェックをしておくとスムーズに渡せます。

お車代や心付けはこのタイミングで渡すのがマナーです。

 

5、開宴したら出席の確認

ゲストが揃っているか確認をする。ゲストが揃っている場合はゲスト名簿とご祝儀を照らし合わせます。遅刻者がいる場合は事前に新郎新婦とスタッフに確認した方法で対処しましょう。

 

6、ご祝儀を渡す

事前に確認した方に間違いなく渡しましょう。ご祝儀を渡すときは必ず「本日はおめでとうございます。ゲスト様からお預かりしたご祝儀です」と言葉を添えましょう。

 
まとめ
受付マナー3
結婚式の受付は両家の顔です。ゲストの皆様に失礼のないように心がけましょう。

両家に代わり、心から来て下さりありがとうございますという気持ちでお迎えをしてください。

皆様にとって良い結婚式になりますように心からお祈り申し上げます。


 - 生活 , ,