ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

喪中はがきを出す範囲は?誰が亡くなった場合に出すの?

   

喪中はがきを出す範囲は?誰が亡くなった場合に出すの?
喪中はがき出す範囲1
喪中はがきを出すことになった方へ。

今回はどのような場合に喪中はがきを送らなければいけないのか?その範囲、および喪中はがきを送らなくていい人に対する対応について喪中はがきを出す範囲を中心にまとめてみました。

もし喪中はがきを出さなければいけない方は早めに取り組まなければいけないので、ご覧ください。

 
喪中はがきはいつまでに出せばいいのか?
喪中はがきとは、近親者(家族や親族に近い人たち)が亡くなったときに、年賀状を送ってくれそうな方や、亡くなった方と親しみの深い方や身近な方に前もって、近親者が亡くなったことを伝えて年賀状を送らないことを伝えるためのものです。

ですので喪中はがきを送らなければいけない方は必ず、相手が年賀状を書き始める前に喪中はがきを送る必要があります。

相手の方が年賀状を準備しはじめる前の11月~12月初めに届くようにしたいですね。

どんなに遅くても12月の中旬までには相手に届くようにしてください。

 
喪中はがきを出さなければいけない範囲は?
あなたにとってどこまでの範囲の人が亡くなった場合、あなたは喪中はがきを出さなければいけないのでしょうか?

それはあなたから見て二親等以内の人が亡くなった場合、喪中はがきを出すといいでしょう。

二親等とは祖父母、配偶者の祖父母、孫、兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹を指します。

二親等以外の方でも特に親しくしていた場合や、祖父母であっても同居していたかどうかによって出す出さないを決める場合もあるようですのでご家族で相談してみましょう。

 
喪中はがきを送ることになった時には、どの範囲の人まで送らなければいけないのか?
それは「年賀状のやりとりをしている方」です。

年賀欠礼の挨拶状ですので友人、知人はもちろん仕事でのお付き合いのある方などに送るといいようです。

ただし仕事とプライベートは別と考えている方もいらっしゃるので、そこは同じ職場の方にどのようにしたらいいか聞いてみてもいいかと思います。

通常身内は親族内での不幸を知っているはずですのであえて喪中はがきを出す必要はないとして出さない方が多いようです。

しかし身内であってもきちんと送りたいという方や、付き合いがなく訃報を知らせていなかった場合は送ってもいいと思います。

喪主となった場合には、故人が年賀状のやり取りをしていた方や葬儀に来てくださった方に出すこともあるようです。

 
どうしても喪中はがきの出し方がわからない方は?
社会人となり自立して間もない方は、喪中はがきの出し方がわからない方もいるでしょう。

そのような方は、両親や親戚など相談しやすい方に聞いてみるといいと思います。

おそらく、喪中はがきを何度か出した経験があると思いますので、参考になると思います。

誰が亡くなったかに関わらず、わからない方は勉強のためにも一度相談しやすい人にあらかじめ相談しておくのもいいかもしれませんね。

 
喪中はがきを出さなくてもいいかな?と思った人に対する対応は?
遠い親戚の方、あまり関わりや縁のない方には喪中はがきと年賀状、どちらを送ればいいんだろう?と微妙なラインで悩んでいる方もいると思います。

上にも書いた通り、本来喪中はがきを出す範囲は明確に決まっておりませんので、そこはご自身で決めてもいいと思います。

もしトラブルになった場合は、喪中はがきを送らなかった理由とお詫びを伝えたうえで、次回また喪中はがきを出すことがあればその時は送るようにすれば大丈夫だと思います。

あまり亡くなった方とご縁のない遠い親戚の方に対しては普通に年賀状を送っても大丈夫だと私は思います。

 
まとめ
喪中はがき出す範囲4
喪中はがきを初めて送る方や、家族関係などが複雑だったりする場合はどうしても難しいことも起こり得るかもしれませんが、そこはどうしようもないのかもしれません。

一度家族で相談してからにした方がいいかもしれませんね。


 - 生活