ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

工場見学 Vol.31 子どもたちの憧れの職業!警視庁本部の見学に行ってみよう!

      2016/12/10

工場見学 Vol.31 子どもたちの憧れの職業!警視庁本部の見学に行ってみよう!
警視庁本部1
将来警察官になりたい!という夢を持っている方や持っていた方も多いでしょう。

今回はなんと東京の警視庁本部の見学についての情報をまとめていこうと思います。

将来は警察官になりたい!と思っている方は、警察の方はどんなお仕事をしているのか?どうやって町の安全を守っているのか?などを自分の目で確かめるいい機会ですので、気になる方はぜひ足を運んでみて下さい。

 
警視庁本部とは?
警視庁本部とは、地域全体をきちんと守るため、交番や警察署を管理するための本部のような場所です。

警視庁本部の場合は東京の警察官全体を管理する場所になります。

2020年には東京オリンピックが開催されますので、警視庁本部のみなさんも、より一層治安保持のために力を入れています。

今回の見学のテーマである警視庁本部には頑張ってもらいたいですね。

 
警視庁本部の見学でできることは?
警視庁本部の見学では、ふれあいひろば警視庁教室、警察参考室、通信指令センターの3ヶ所所を見学することができます。

ふれあいひろば警視庁教室は、映像を通じてクイズやアンケートをしながら警視庁の活動や交通安全、非行防止、薬物乱用防止について勉強していく教室です。

警察の方から実際にこのようなことを聞ける機会はめったにないと思いますので、行った際にはきちんとお話を聞いてください。

そのあとの警察参考室には警視庁創立以来の資料がたくさん展示されています。

その数は1000を超えていて、様々なものを自分のその目で見ることができますよ。

最後の通信指令センターでは、犯罪が起こったときや110番があったときに、素早く人を助けるために、警察官に指示を出す通信指令センターについて見学することが可能です。

 
警視庁本部の見学の概要について
見学できる日は平日となっており、見学時間は約75分となっています。

見学は原則小学3年生以上の方になります。

団体での予約の場合は名簿の提出が必要になりますので、ホームページをご確認ください。

見学をされる際には必ず予約が必要になりますので注意してください。※見学の予約は半年前からとなっています。

 

場所:東京都千代田区霞が関2丁目1番1号

電話番号:03-3581-4321 ※参加される方はあらかじめこちらの電話番号から予約を行ってください。

ホームページはこちら:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/welcome/honbu.html

 
まとめ
警視庁本部3
今回は、警視庁本部の見学についてまとめてみました。

注意事項として、写真撮影や録画などはできません。

見学中は階段を利用するため、車いすなどが必要な方はあらかじめ確認することを忘れないでください。

他にも様々な注意事項がありますので、参加される方は事前に確認するようにしてください。

将来警察官になりたい!と思っている方や、警察の方が日々どのようにお仕事をしているのか気になる方はこの機に一度行ってみてはいかがでしょうか?


 - こども, レジャー , ,