ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

ルイボスティーって何?美味しい飲み方と効果について

      2016/05/01

ルイボスティーって何?美味しい飲み方と効果について
ルイボスティー2
 
○ルイボスティーとは?
名前はよく聞くけど一体どんなお茶なの?って方も多いと思います。

ルイボスティーの元になる茶葉は「ルイボス」というマメ科の一種です

ルイボスは南アフリカ・ケープタウンの北に広がる山脈一帯のみに自生しています。

その葉を乾燥させて作る飲み物が、健康茶として有名なルイボスティーです。

よくスーパーなどでも見かけますが、意外な地域そして限られた場所でしか採れない貴重なものなんですね。

 
○気になるルイボスティーの効果は?
健康茶と言われるだけあって、多岐に渡って効果があります。

ルイボスティーにはミネラルが豊富に含まれています

そのミネラルが卵子の質を上げる効果や排卵周期を安定させてくれますので、妊活中の方にオススメです。

もちろんミネラルは妊娠中の方も必要ですし、肌にもとっても良い成分です!

お肌に良い成分はミネラルだけではありません!

SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素が多く含まれているので、活性酸素を抑えてくれます。

そのため、アンチエイジングにも効果があります!

 

※活性酸素とは?

酸素を吸えば必ず体内でできるものです。しかし増えすぎると老化などの原因になってしまうもの…いわゆる金属などのサビのようなものです。

 

また、代謝酵素が豊富になることにより消化酵素も多く作られるため「ダイエット効果」もあります。

他にも腸内環境の正常化作用による便秘の改善、花粉症などアレルギーの減少、安眠効果など、ここに挙げたのは一例で、本当に数多くの効果があります。

 

 

また、ルイボスティーの大きな特徴と言えるのがノンカフェインということです。

一般的なお茶にはカフェインが含まれていますが、このルイボスティーはノンカフェインなので

妊婦の方も子供も安心して飲んでいただけます。

 
○ルイボスティーの美味しい飲み方
ルイボスティー1
ここまで読むと飲んでみたくなった方も多いのではないでしょうか?

ルイボスティーはほとんどがティーバッグで販売されてます。ここではティーバッグでの入れ方を紹介します。

 

1.ボトルで作るお湯出し・水出し

大きめのボトルやポットにティーバッグを入れ、水やお湯を注ぎます。

目安は1Lくらいですが、メーカーなどによっても異なりますのでパッケージを確認してください。

置く時間は、沸騰したお湯の場合は2〜3分、水出しの場合は常温か冷蔵庫にて8時間ほど置いて出来上がりです。

 

2.煮出して作る

鍋に水とティーバッグを入れて強火で加熱します。(水の量は先ほどと同じくらいで大丈夫です。)

沸騰後、弱火にして3〜5分煮出して火を止めます。

そのまま冷ましたら完成です。

少し手間はかかりますが、ルイボスティーの有用成分をしっかり摂取したい方にはオススメです!

他にも電気ポットに水とティーバッグを入れて沸騰させたり、市販のペットボトルの水にティーバッグをそのまま入れて冷蔵庫へ入れて作ったりとティーバッグなので様々な作り方ができます。

ルイボスティーは長く煮出すほど成分が抽出されます。

先ほども述べたようにノンカフェインなので長く煮出しても苦くならないので、美容と健康のためには20〜30分置いてみてください。

 
〇こんな使い方も
ルイボスティーはノンカフェインなので、大人だけでなく子供も安心して飲んでいただけます。

牛乳や砂糖を加えてミルクティーにしても美味しくお召し上がりいただけます。

また、ルイボスティーはフルーティーであっさりした味わいなので、水代わりに料理に使うこともできます!

 

余談ですが…

ルイボスティーを沢山飲んだ後はティーバッグが残ると思います。

煮出した後のティーバッグで油汚れが取れたり、植物の肥料になったり、お風呂に入れて楽しんだり...と飲んだ後も様々な活用ができます!

※ただし、お風呂に入れる際は浴槽やタオルの染色には注意してくださいね。

 

ぜひ、この機会にルイボスティーを飲んでみてはいかがでしょうか?


 - グルメ, 生活 ,