ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

こどもと一緒に!初心者でもできる朝顔の育て方

      2016/04/29

こどもと一緒に!初心者でもできる朝顔の育て方
朝顔1
小学生の頃、大半の人は朝顔を育てたのではないでしょうか?

でもどう育てたかはっきり覚えていない・・・夏休み前に重い植木鉢を抱きかかえて帰宅したことは覚えています。

なんてことはありませんか?今回は子供と一緒に、初心者でもできる朝顔の育て方を紹介します。

 
〇朝顔の育て方~準備編~
■最低限準備するもの

◆種

苗も販売されていますが初心者でも簡単に種から育てられます。こどもは種からの方が楽しめるかもしれません。

◆用土

有機質がたくさん入った土が適しています。赤玉土5:腐葉土4:川砂1の割合のがベストです。

草花用の培養士を使用します。

◆植木鉢

5号~6号の鉢。直径15~18センチ。1株を目安に育てます。

素焼きのタイプは夏場水分の蒸発が早いので水切れの注意が必要です。

鉢底に穴が開いている場合は鉢底ネットを使用してください。

◆支柱(行灯)

朝顔のツルを巻き付かせる支柱で最もポピュラーな行灯です。

◆肥料

 

ここまでは大まかな準備物をご紹介させて頂きました。全てホームセンタで揃います。

続いて手順を紹介していきます。

 
〇朝顔の育て方~手順編~
・まずは朝顔の種まきの時期

5月の連休明け頃が最適。発芽の適温が20度以上。寒い地域では遅霜がなくなってから蒔きましょう。

・育てる場所

屋外で日の当たる場所で育てましょう。夜間は光が当たらないところに置いてください。

猫や鳥に種を食べられないように気を付けてください。

 

1、種を柔らかくする ※朝顔の種はとても固く、吸水しにくいので柔らかくします。

・濡れティシュの上に種を半日~1日置いておく、または一晩水に浸けておきましょう。

・カッターややすりで表皮に軽く傷つけておく。☆これは難しいので大人が手伝いましょう☆

 

※このいずれかの方法で種を柔らかくしてから種を蒔くと芽が出やすくなります。

 

2、土を植木鉢に入れます。

 

3、指先で土に穴を開けます。1センチほど子供の指で第一関節くらい。

丸みのある方を上にして種を土の穴の中へ入れます。種は穴の中に1つが原則です。

 

4、土をかぶせて軽くならします。固めないように!

 

5、水をたっぷりあげます。

 

6、芽→双葉→本葉という順番で育っていきます。双葉から本葉が出るのは1週間ほどです。

本葉が5~6枚になるとツルが伸びます。ツルが巻けそうなら支柱行灯を立てます。

自然に巻き付きにくい時は手で巻き付けてください。

本葉が増えると肥料を必要としますので肥料をあげましょう。

 

7、種まきの時期や環境によって様々ですが7月~8月ごろには花が咲きます。

 

8、花が咲いたら

花が咲きはじめると朝顔は花が咲く前より水を必要とします。

土の感じを見ながら朝夕2回水やりをしましょう。

ちょうど夏休みの時期に開花するはずなので、お子さんと一緒に水やりを楽しめますね。

 

☆2~5の工程はお子さんと一緒にやってみましょう☆

※発芽するまでは朝夕必ず水をあげてください。

土の表面が湿っている時は水やりを控えてください。

発芽するまでの期間は4日目ぐらいから。2週間ほどで芽が出揃います。

 
〇うまくいかないときは
☆芽が出ないとき

・種まきの時期が早い

・水のやりすぎ・水のやり忘れ

・土を固く押さえている

・種を深いところに植えすぎている

まずは上記をチェックしてみてください。

それでも発芽しない場合は種を掘り起こして原因を探ります。

植木鉢の場所・日当たり・風通しをチェックしてください。

風通しが悪いと病気や害虫が発生しやすくなります。

 

☆ツルや葉は成長するのに花が咲かないとき

そのときは芽が出ないときと同様、原因を探ってみてください。

・夜に照明の当るところに置いていないか

・成長していないつるの先端を切り取る

・肥料を与える

 
〇まとめ
朝顔2
子供と一緒に初心者でもできる朝顔の育て方を紹介しました。

朝顔の育て方思い出してくれましたでしょうか?

是非お子さんと楽しみながら朝顔を育ててみてください。

種→芽→葉→花と植物の成長具合が一目瞭然にわかるので、とてもいい体験になると思います。

親子のコミュニケーションも増えそうですよね。

鮮やかな朝顔が咲くといいですね。

朝顔が成長するためには水やりや肥料など手入れが必要ですが、お子さんと一緒に朝顔に愛情の言葉をかけながらお世話をするともっと成長するかもしれません。

植物にも愛情は必須です。


 - こども, 植物 ,