ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

梅雨時の天敵 家の中のカビ対策

   

梅雨時の天敵 家の中のカビ対策
カビ1
じめじめした梅雨がやってきます。カビの季節ですね・・・。

「カビを出さないためには日頃からこまめに掃除をしておく」なんですが、忙しい主婦にはこまめに出来ないという方も多いんではないでしょうか?

そんな方に朗報!!簡単にカビ対策を出来る方法をお伝えします。

 
〇梅雨の時期にカビが増えるのはなぜ?
梅雨が続くと湿度が80%を超えます。

私達にとって湿度が高いのは不快の何ものではありません。

しかし、カビは湿度65%以上室温20~25℃が一番心地よいんです。

梅雨はカビにとって最高の環境ということです。

またカビは結露・風通しの悪いところ・栄養分のある汚れ・石鹸カス・食べかす・湿気などが大好物です。

これって家の中にあるものばかりですね。

 
〇カビ対策アイテム
カビ2
・すみずみ消しゴムでカビ対策

~キッチン周り~

一番楽で、薬剤を使用してないので安心して使えるすみずみ消しゴムという商品です。

インターネットやホームセンターで手に入ります。

使い方は黒ずみや気になる所をゴシゴシするだけです。

消しゴムのようにカスが出て、カスと共に汚れが取れる仕組みになっています。

気になった時にすぐに使えるので手間暇もいりません。

毎日の食べかすや水分は残さずふき取っておくのも忘れずに行ってください。

 

・消毒用アルコールでカビ対策

~お風呂のカビ~

入浴後温水の後に冷水をシャワーでかけ、翌朝まで換気扇を回しておきます。

湿ったバスマットは床に置かないようにします。

面倒でも蛇口や排水溝に飛び散った水は必ずふき取り、その後乾いた布で消毒用アルコールをプラスすると効果的です。

消毒用スプレーはカビが発生しそうな場所への予防・カビが生えた後にも使えます。

 

・新聞紙でカビ対策

~収納スペース~

新聞紙は湿気取りに最適。新聞紙を丸めて数個押入れやクローゼットに入れて置くだけです。

洋服や布団の湿気を取ってくれます。

 

~バスマットや玄関マット~

新聞紙を広げてバスマットや玄関マットの下に敷くだけです。

 

~下駄箱~

靴の中に新聞紙を丸めて入れます。湿気やにおいが強い場合は新聞紙で靴を包んで風通しの良い場所に置きます。

※新聞紙は湿ってきたら交換時期です。

 

・炭

~トイレ・家具の後ろなど気になる所へ~

炭は消臭剤として使われるのが一般的ですが湿気を取ってくれる作用もあります。

トイレや家具の後ろなどに置くとカビ対策になります。

※炭はとことん古くなるまで使えますが効果がなくなってきたと感じたら乾かすとまた使えます。

 
〇以外と知らないアイテム
・乾燥剤

お菓子などについている乾燥剤は捨てずに湿気取りに活用できます。

引き出しの中に入れて置くとカビ対策になります。

※交換時期は効果がなくなってきたと感じたら交換してください。

 

・粉末洗濯用洗剤

洗剤は実は湿気を取る効果があります。

洗剤のパッケージに少し穴を空けて気になる場所に置きます。

中の洗剤は水を含んで全体的に固まってきたら交換時期です。

その後いつもの洗剤として使えます。

 
〇まとめ
健康を維持するには湿度が50%くらいと言われています。

梅雨の時期の湿度は体にも良くないというわけです。

そこにカビが発生してしまうと更に良くない状態を招いてしまいます。

今年の梅雨は万全なカビ対策をして快適な家と健康をキープしてくださいね。


 - 天気, 生活