ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

隅田川花火大会2016 穴場情報

      2016/05/23

隅田川花火大会2016 穴場情報
隅田川花火大会1
2016年。今年も着々と夏に向かって季節が巡っていますね。

皆さま、夏と言えば何を思い浮かべますか?

冷えたスイカ、テレビ番組の心霊特集、自由研究、ラジオ体操……。

色々あるとは思いますが、その中でも特に日本らしくて豪快で夏らしいものと言えば……!

そう、花火大会です!

ビール片手に夜空にドーンと咲く花火を見上げるとき、ああ、夏だなぁ、としみじみ体感しますね。

今回は日本中で親しまれている花火大会の中から、隅田川の花火大会をピックアップ、かつ意外な穴場スポットを合わせてご紹介します。

 
〇隅田川花火大会とは
そもそも隅田川花火大会って何? とお思いの方!

知らないなんてもったいないですよ?

2016年度で39回を数える隅田川の花火大会は、日本を代表する大きな花火大会の一つなのです。

2016年からさかのぼること284年前の1732年。飢えや病気で苦しんで亡くなった多くの人を弔うために花火を打ち上げたのが始まりだと言われています。

歴史もあり、盛大で有名なれっきとした大会なのです。

 
〇2016年の開催はいつ?
前回の2015年も大盛り上がりだった隅田川の花火大会。

2016年度も大盛り上がり間違いなしです。

ちなみに、今年は7月30日、土曜日の19時5分から花火が打ちあがります。

屋台も並び、花火コンクールなどもあり、見どころ満載です!

およそ2万発という大量の花火を、一時間半に渡って打ち上げます。

普段見ることの出来ない夜空いっぱいのきらめきは、極上のファンタジーと言ったところでしょうか。

ですが、さすが極上。それを見るにはなかなかの苦労があるのです。

 
〇花火が良く見える穴場はある?
隅田川花火大会2
来客数は90万人とも言われていて、会場は大混雑です。

しかも、席もお高い……。

安く、見晴らしも良く、ゆったり出来る場所などあるのでしょうか?

それが、あるのです!

地元の人たちしか知らないような公園や穴場スポットもありますが、それらはすでにネットで広まり、結局混雑していたりしますし、観光客には分かりにくいこともあります。

なので視点を変えて、別の穴場スポットをご紹介します。

それは、屋形船です!

水の上から花火を眺めるのです。

ゆったり出来るし、見晴らしも抜群ですよ。

これ以上にない見学席だと言えます。

屋形船と言うと、敷居も値段も高い、と思われがちですが、そうでもないんです。

プランや人数によって安く利用できるので、想像以上に安く楽しむことができるんですよ。

大事な家族や恋人、友人を誘って仲間内でわいわい。

2016年の夏は、隅田川の花火大会をいつもと違う雰囲気で屋形船から見学なんて、粋なことしてみませんか?


 - イベント , ,