ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

これで安心!大事なペットを守ろう!ペットの熱中症対策

      2016/06/10

これで安心!大事なペットを守ろう!ペットの熱中症対策
ペット熱中症4
暑くなってくると自分の熱中症の心配はできても大切なペットの体調管理が心配ですよね。

そんなあなたにペットの熱中症対策についての情報を書いていこうと思います。

熱中症対策を怠ると、もしかしたらあなたのペットが今年の夏に苦しい思いをしてしまうかもしれません。

ペットを飼っている方はぜひこの記事を見て、大事なペットと一緒に夏に備えてくださいね。

 
熱中症とは?
熱中症とは、とても暑い環境の下で脱水と体温の上昇により、内臓の機能低下によりめまいや吐き気などの症状が出る病気です。

最悪の場合は死ぬ危険性もあるとても危険な病気なんです。

ペットも熱中症になるの?と疑問を持たれている方もいると思うのですが、ペットも熱中症になりますのできちんと注意してあげなければいけません。

 
ペットに対する熱中症の対策について
人間は汗をかくことで体温調節ができるようになっていますが、実は同じように犬も汗をかくことができます。

ですが犬が汗をかくことができるのは肉球の部分だけなんですね。

これでは十分に体温を下げることはできないので、他に舌を出して息をすることで体温を下げるパンティングや冷たい床に寝転がって体温を下げようとします。

もしあなたのペットがこれらの対応をしていたらそれはペットの暑さ対策のサインです。

のでクーラーの効いた部屋に入れてあげたり冷たい水をあげたりして対処してください。

場合によってはペット専門病院に連れていく必要がありますので、普段からすぐ行ける距離の病院を調べておきましょう。

ペットを持ち運ぶためのケージも用意しておくといざというときに助かります。

 
熱中症に対する湿度の危険性について
ペット熱中症1
湿度とは空気中に存在する水分の割合を意味します。

湿度が多いと空気中の水分が多くてジメジメと感じてしまい熱く感じてしまいます。

そして湿度が高いと汗をかきにくいことから体温調節機能が低下してしまいますので、涼しい部屋にペットを入れると同時に湿度を調節してあげることも忘れないでください。

これは場合によっては人の方がひどく影響を受けてしまう危険性があるので、あなたの熱中症対策としても覚えておいてください。

 
ペットを熱中症にさせないためにあなたができること
この記事を見ているあなたが飼っているペットは様々でしょう。

それぞれのペットの種類にあった熱中症対策をしてあげなければいけませんから、この記事を見た後には自分のペットの熱中症対策をきちんと調べておくことをオススメします。

犬の場合は家に入れてあげたり冷却マットを敷いてあげたり、いつもより水を多めにあげたりするなどそのペット独自の熱中症対策をしてあげてください。

あなたとあなたの大事なペットが快適な夏を過ごせますように。


 - ペット , ,