ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

気を付けよう!クーラー病の症状と予防について

      2016/06/08


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9203779506396564"
data-ad-slot="3143186330">

気を付けよう!クーラー病の症状と予防について
クーラー病1
夏は効きすぎた学校や会社のクーラーの影響からクーラー病になる人が増えてくると思いますので、今回はクーラー病について解説していこうと思います。

寒くても仕事や学校の都合で冷えた部屋にいなければいけない人は特に注意が必要ですのでぜひ見ていってくださいね。

 
クーラー病とは?
クーラー病を簡単に説明すると、夏の外の暑さと冷房の効きすぎた部屋を行き来することにより人間の体温調節をするための自律神経に異常が出てしまうものです。

クーラー病は本来正式な病気ではなく日本だけで言われている概念です。

 
なぜクーラー病は起こるのか?
クーラー病は体温調節を行う自律神経が5度以上の温度差の環境にすぐに対応できないことから、クーラーの効いた部屋と暑い外の行き来を繰り返し起こすことで発症する自律神経失調症のことを言います。

 
どういった環境で起こるのか?
主に冷房の効きすぎた学校や会社で起こります。会社や学校のクーラーが効きすぎていると感じる方は、夏でも寒さ対策をしなければいけませんね。

夏になりすごく暑くなると家でもきちんとクーラーをつけなければいけないのですが、できるだけ冷やしすぎないように注意をしましょう。

クーラーの効いた部屋に慣れてしまい外に出なくなってしまうと、クーラー病に加え夏バテにもなりやすくなってしまいます。

 
クーラー病はどういう症状が出るの?
クーラー病3
クーラー病は頭痛、吐き気、肩こり腰痛、不眠症などの様々な症状が発生します。

冷えた部屋に入る度に辛い思いをしてしまう人もいるので、早めに極端な温度の変化に対し対策が必要です。

 
もしクーラー病にかかったら?
上にも書いた通り本来クーラー病というものは正式な病気ではありません。

もしクーラー病になったら自分の生活習慣を見直し、どうしても仕事などで冷房の効いた部屋に入らなければいけない場合は少しだけ寒さ対策をするようにして対処するようにしましょう。

かといって夏に厚手の上着などを着るのは抵抗があると思いますので、下着のシャツを冬用のものにしたり二枚重ねて着れば周りの人におかしい目で見られることはありません。

大学や専門学校に行かれている方はある程度好きな服を着ることができますから、あまり薄着をしないようにするといいかもしれません。

汗をかくことは体の中の熱を外に出すために行うことですので、汗をかくことで体温調節機能を刺激することができます。

もしクーラー病になってしまったらジムに行って汗をかいたり、涼しい時間帯を狙って運動をしてみるといいかもしれませんね。


 - 健康 ,