ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

低学年向き!読書感想文におすすめの本

      2016/06/04

低学年向き!読書感想文におすすめの本
低学年読書感想文1
低学年のうちは本選びが重要ですね。

小さい頃は絵を目で見て耳で聞いて心で感じて想像したりする時期でしたが、低学年は自分ひとりで本と向き合う訓練をする時期です。

そこで低学年向き読書感想文におすすめの本を紹介します。

 
本選び 4つのポイント
ポイント1

低学年のうちは活字ぎっしりよりも挿絵がたくさん入っている本がオススメ。

ポイント2

子供が小さい頃から好きな本。

ポイント3

子供自身と関係のあるストーリが描かれている本。

ポイント4

必ず子供と一緒に選ぶ。

 

※本がどうしても嫌な子供の場合は子供の興味のある図鑑でもOK。車・昆虫・植物など。低学年のうちは図鑑でも立派な本です。

 
オススメの本
・もったいないばあさん ~講談社 真珠 まりこ著~

「もったいない」という言葉は日本語にしかない言葉で、外国語にはありません。

ケニアのノーベル賞受賞者マータイさんという女性がとても感銘をうけた素敵な日本語です。

もったいないには色んな意味が含まれています。

きっと親子でもったいないについて見直す良いチャンスになるでしょう。そして物を大切にする心が育つ本です。

 

はれときどきぶた~岩崎書店 矢玉 四朗著~

昔からある本で、大人の方もご存じの方が多いのでないでしょうか?お子さんと一緒に楽しめる本です。

主人公がでたらめな日記を書き、それがすべて現実になるという話です。嘘がどういうことなのか学べる本ですよ。

 

・わたしのいちばんあのこの1ばん

~ポプラ社 作アリソン・ウォルチ 絵バトリス・バートン 訳 薫 くみこ

低学年になると幼児期と違って、子供自身が何が得意で何が不得意なことか徐々にわかってきます。

他の子と比較して悲観するのではなく自分を知り他の子を認めて人を尊重するということが身についていく本です。

 
読書感想文の書き方
低学年読書感想文2
書き方のポイント

・初めて知ったこと。心に残ったことを書きましょう。

・お話に出てくる人と自分と同じところや違うところを書きましょう。

・本の中に出てくる絵や場面で好きな所と理由を書きましょう。

読み終わってから大人の方が上記のことを質問をしてあげるといいでしょう。それを元に感想文を書くとスムーズに書けます。

 

~注意する点~

低学年のころは子供の素直な感想を書かせてあげましょう。

読書感想文はみんなと違って当然です。本を読んで心を豊かにするのが大切なことです。

 
■まとめ
低学年向き読書感想文におすすめの本を紹介しました。

年齢を重ねるごとに文章も書き慣れてきます。焦らずゆっくりお子さんを見守ってあげてくださいね。

低学年はまだ親子で読書感想文を楽しめる時期です。是非、本選びからお子さんと一緒に楽しんでください。

大人の方のほうが新たな発見があるかもしれません。


 - こども , ,