ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

もうすぐお盆!お墓参りのマナーについて知りたい!

      2016/06/09

もうすぐお盆!お墓参りのマナーについて知りたい!
お墓参り1
昔は家の近くにお墓があったり祖父母と一緒に住んでいたりとお墓参りや法要は身近なもので、マナーやしきたりは自然と身に付いているものでした。

最近では遠方にお墓があったり親族に任せきりだったり家庭の事情は様々です。

いざお墓参りをしようと思ってもマナーがわからないなんてことはありませんか?

そんな方に必見!もうすぐお盆お墓参りのマナーについて紹介します。

 
お盆のお墓参りの時期
地方によっては異なりますがお盆は一般的には8月13日から4日間

お墓参りは13日。この日にご先祖様が帰ってくるいう習わしがあります。

この日に送り火をともしてお墓に迎えに行くという意味が込められているのです。

 
お盆にお墓参りに行けない時のマナー
お盆中にお墓参りに行けないとう方もいらっしゃると思います。

そのときに一番良いのはお盆より前にお墓参りに行くことです。

早く行くことでご先祖様への感謝の気持ちを形で表すことができるからです。

どうしても行けない場合は実家や親族に連絡を入れておくのも大切なマナーです。

 
お墓参りへ行くときの服装と時間
・服装

基本的には普段着で構いませんが、あまり華美にならずラフすぎない服装が好ましいです。

お子さんも普段着で構いません。ただその地域や家庭のしきたりもありますのでご家族の方に相談して見てください。

 

・時間帯

地域や都合により異なりますが一般的には掃除などがしやすい朝か日中に。

 
お墓参りをする前におさえておきたいマナー
日ごろ家族に変わってお墓を見守ってくれている住職さんや管理事務所の方へ挨拶を。

寺院墓地ならお寺に到着してすぐににご本堂にお参りをして住職さんに挨拶するのがマナー。

寺院などと違って霊園で管理されている場合は管理事務所などの方に挨拶をしましょう。

 
お墓参りに持って行くもの
掃除用具

・ほうき・軍手・歯ブラシ・たわし・バケツ・ごみ袋

 

お参り道具

・お線香・ろうそく・ライター・お花・手桶・お供え・半紙

 
お墓の掃除の仕方
まずは掃除をする前にに手を合わせご先祖様にご挨拶をさせて頂きましょう。

1、お墓の周りをほうきで掃いてから草むしりをします。

2、花立てや香炉をきれいにします。

3、墓石はきれいなやわらかいタオルで拭いてください。汚れが目立つ場合にはたわしか歯ブラシでやさしく汚れを落とします。

 
お供えとお参りのマナー
1、掃除が終わったらお花とお供え用のお菓子や飲み物をお供えします。お菓子や飲み物はお皿がわりに半紙を下に敷いてください。

☆お供えものは故人や好きだった物や季節の物など特に決まりはありません。お花は一般的には菊の花です。

2、お線香をあげる

☆線香の上げ方は宗派によって変わりますので住職さんかご家族に確認してください。

束で横にする場合もありますし1本・2本・3本と立てる作法もあります。

線香の日は口で消さずに手で消すのがマナーです。諸説ありますが人の口は悪行を積みやすく穢れやすいと言われているので手で消しましょう。

3、手を合わせてお参りする。

お参りの順番は故人に縁が深い順番に行います。手を合わせ軽く目を閉じて頭を傾けて先祖の冥福と日ごろの感謝の報告を心の中でします。お願い事などはしない方が良いと言われています。

 
お墓参りで注意すること
お墓参り1
※お線香をあげた後に墓石に水をかけるという方も少なくないです。宗派によって意味や習慣が異なりますので、住職さんやご家族の方に相談してください。

※墓石に故人が好きだったお酒やジュースをかけるのは、墓石が変色したりシミになることが多いので避けたほうが良いと言われています。

※お供えものは持ち帰りましょう。カラスなどに荒らされる恐れがあります。

 
まとめ
お盆のお墓参りのマナーについて紹介しました。

お参りする人にとっては受け継がれた命を感じさせてくれる身近な場所です。

お墓参りには先祖の冥福を祈るだけではなく、ご先祖様のおかげで今の私達がいるという感謝の気持ちを表すためのお参りとも言われています。

できる限りお墓参りには行かせてもらいたいですね。


 - 生活 ,