ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

100均で揃う役立つ防災グッズ! 見かけたら買っておこう!

      2016/09/14

100均で揃う役立つ防災グッズ! 見かけたら買っておこう!
100均防災グッズ1
熊本地震が起こった今、いつあなたの住んでいる場所が地震に巻き込まれるかわかりません。

ということで今回は100均で揃えられる防災グッズを紹介していきたいと思います。

ぜひ皆さんも防災対策をこの機にやってみてください。

 
100均で役立つ防災グッズをご紹介!
・レインコート

雨が降った時に屋根がない、避難所は人が多くてとてもは入れない、そういう時にはレインコートを用意しておくといいでしょう。

そしてこのレインコートは他にも使い道があるんです。

そう!実はレインコートは暖かいんですね。

冬場のバイクは死ぬほど寒いんですがレインコートを着ると少し暑いくらいになります。

体の熱を保温してくれるので防寒具としても活躍してくれますのでぜひ用意しておくようにしましょう。

 

・懐中電灯

東日本大震災ではコンビニをはじめ、あちこちで電池がないと騒がれていましたね。

100均には手動で動く懐中電灯もありますのでぜひ買っておいてください。

もちろん電池で動く懐中電灯もいいでしょう。

 

・携帯トイレ

災害時はトイレがすごく困るといいます。

実は一回のトイレで水を流すのに必要な水の量は約バケツ2つ分です。

ただでさえ災害時には水がないのにトイレでバケツ2つ分も水を使っていては大変なことになってしまいます。

携帯トイレは一つや二つ用意するのではなくたくさん買っておくようにしましょう。

 

・携帯食料

ソイジョイやカロリーメイトなどの携帯食料を用意しておくのはもちろんですが、意外にも災害時に素晴らしい効果を発揮するのがウイダーinゼリーなんですね。

食べて栄養補給ができて水分も補給できて簡単に持ち運べる一石三鳥の万能アイテム。

もし困っている人がいたら気軽に一つ分けてあげることもできます。

 

・トイレットペーパーやティッシュ

いざというときに役に立つ清潔な紙は怪我をしたときにも必要になってきます。

きちんと用意しておくようにしましょう。

 

・絆創膏などの携帯医療品

災害時はなにかと小さな怪我をたくさんしてしまいます。

水がなければ治療できませんので必ず消毒薬などをはじめ、絆創膏や包帯も用意しておくようにしましょう。

 
災害に巻き込まれたときに絶対にやらなければならないこと
100均防災グッズ2
災害に巻き込まれたら何があろうと絶対に水を確保してください。

「災害に巻き込まれた人たちが使える水は、災害に巻き込まれた人たちが用意できた水だけ」です。

水道が壊れる前に、あなたがいち早く風呂やペットボトルなどありとあらゆるものに溜めた水が、被災地で使える水となります。

他の人が使えなくなるからほどほどにしておこうなどと考えないでください

あなたが絞り出せた水があればあるほど生存率が上がります。

必要な場合は分けてあげればいいんです。

とにかく使える水を絞り出すことは覚えておいてください。

そして今回は100均で用意できる防災グッズでしたが、できればきちんと100均以外でも揃えておくことをオススメします。


 - 生活