ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

知っていると役立つ 家の台風対策 

      2016/07/10

知っていると役立つ 家の台風対策
家の台風対策2
今回は家の台風対策について書いていこうと思います。

アパート暮らしの方から一軒家を買った人まで、台風対策について詳しく知らない人は特に必見です。

知っているだけで助かることも少なくないと思いますので一度目を通してみることをおすすめします。

 
台風が来る前に何をしたらいいのか?
まず台風が来る前に備えとしてやらなければいけないことを書いていこうと思います。

もしこの記事を見た時、もうすぐ台風が来る!という方はすぐに実践してください。

 

・水をためる

台風がひどいときは数日間水が止まることも珍しくありません。

台風が来るときはお風呂や大き目のペットボトルなどに大量に水を入れておくようにしましょう。

 

・必要なものを買いに行く

本格的に台風が直撃したら外に出ることはできないと考えてください。

そのために数日分の水、食料、医療品などを買い込みましょう。

災害袋を用意していない人たちはできる限りでいいので用意しておきましょう。

 

・靴や靴下をはく

突然ガラスが割れてしまった、停電で周りが見えない、そういう時にむやみに動いてしまうと足にガラスが刺さって大変なことになってしまいます。

台風や災害に襲われたときは1日中靴を履いて過ごすのが一番いいのですが、最低でも靴下を常に履いておくようにしてください。

懐中電灯も必ずポケットに入れておくことを忘れないでください。

 

・飛んでいきそうなものを固定する

家に住んでいると、自転車やバッドなど庭などにものを置いている人も少なくはないでしょう。

そういう人は必ずものを家の中に入れておくか飛ばないように荷造り用のロープなどで縛っておく必要があります。

近所の窓ガラスにバッドが直撃したら大変です。

縛るときは必ずガチガチに縛るようにしないと1日中風にさらされることからすぐに取れてしまいます。

 

・コンセントを抜く、ガスの元栓を止める

コンセントやガスコンロからの火災の危険を防ぐためにガスの元栓を止め、コンセントはできるだけ使わないようにしましょう。

雷が原因で火災の原因につながったり、パソコンやテレビをはじめとした家電製品が一瞬で壊れてしまう危険性があります。

 
台風が来たらどうしたらいいんだろう?
家の台風対策3
・外に出ない

台風の時の外はどこか幻想的でついつい外に出たくなったりしますが、そこはこらえて家に閉じこもっておきましょう。

もし雷が強い場合は車の中で過ごすことをオススメします。

 

・常にテレビやラジオを付けておく

今は何ともなくとも、数分後に津波や雷などの二次災害に巻き込まれる可能性があります。

最新の情報を常に入手するためにもテレビやラジオは常につけておくようにしてください。

 

・ゲームはしない

人によってはとてもつらいかもしれませんが雷でテレビやパソコンが壊れたり、スマホのバッテリーが減ってしまいますので我慢しましょう。

 
まとめ
以上台風の対策についてまとめました。

災害はあなたのもとでいつ起こるかわかりません。

知らなかった、用意してなかったなんて空に叫んでも何も起こりませんので、ネットでいろんな記事を見て可能な限り災害に対する用意をしておくことをおすすめします。


 - 天気