ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

十五夜って何?2016年の十五夜はいつ?

      2016/07/16

十五夜って何?2016年の十五夜はいつ?
十五夜由来1
日本の秋の風物詩といえば「十五夜」ですね。

「中秋の名月」や「芋の名月」と呼んだりもします。

十五夜は旧暦の8月15日(現在では9月15日)前後に訪れる満月の日のことです。

そもそも十五夜の意味や由来とは何なのでしょうか。

名前だけは知っていても実は知らないことが多い「十五夜」の意味・由来について、調べてみました。

 
十五夜の意味
十五夜は「月の満ち欠けを表す月齢で、満月の日」を指します。

昔、日本の暦は、現在使われている太陽暦ではなく、月による暦をつかっていました。

新月の日を一日とし、次の新月までを一カ月とし、ちょうど15日目が満月にあたるため、この日を十五夜と呼ぶようになりました。

では、なぜ秋の満月を十五夜といって人々から親しまれるようになったのでしょうか。

 
十五夜の由来
十五夜、というより月見のはじまりは平安時代といわれています。もとはといえば貴族の遊びの一つだったようです。

この月見が江戸時代になると庶民に広がっていきました。

ここで現在の「十五夜」の考え方へと変化していきます。

 

作物は月の満ち欠けとともに育っていくことから、庶民の人達は月は作物を育てるすごいパワーがあると考え、縁起の良いものと捉えるようになりました。

さらに秋は、収穫の秋ともいわれるほど、作物がたくさん収穫できますよね。

その収穫のメインシーズンである秋の満月に、豊作を感謝すると共に、これからも豊作になりますように、とい祈ったのが今の「十五夜」の始まりと言われています。

月見団子をお供えするのも、満月に似た丸いものをお供えする、という意味と、農業で採れたものをお供えするという二つの理由があるそうです。

 
2016年の十五夜はいつ?
気になる2016年の十五夜ですが、「9月15日 木曜日」です。

ちなみに2016年以降は次のようになります。

2017年 10月4日

2018年 9月24日

2019年 9月13日

2020年 10月1日

2021年 9月21日

 

実は十五夜は満月の日を表すと書きましたが、月の満ち欠けがきっちりと一日単位ではないため、十五夜は満月とは限らないのです。

最近では十五夜が満月だったのは2013年です。

次回は2021年です。

2016年は残念ながら満月の十五夜にはなりませんでした。

 

おまけに十五夜がある9月や10月は、秋の長雨や台風シーズンなどと重なるため、晴天率もあまりよくないのです。

ですから、「中秋の名月 十年に九年は見えず」と江戸時代には言われていたそうです。

2016年の十五夜は、是非、晴れてほしいですね。

 
まとめ
十五夜由来2
十五夜の意味や由来、そして2016年の十五夜の日について調べて参りましたがいかがでしたでしょうか。

本来の十五夜の意味を知ることによって、また新しい気持ちで今年の十五夜が迎えられるのではないでしょうか。

2016年、今年の十五夜は木曜日と平日でお忙しいかもしれませんが、時間のある方は、家族でゆっくりと月を見上げながら、昔ながらのこの日本の風習を楽しんでみてください。


 - 天気 ,