ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

お彼岸の意味とは? なぜお墓参りをするの?

      2016/07/31

お彼岸の意味とは? なぜお墓参りをするの?
お彼岸墓参り3
みなさんはお彼岸と聞けば、お墓参りに行く日という印象を持たれていると思うのですが、そもそもお彼岸になぜお墓参りをしなければいけないのか?お彼岸はいつなのか?など、お彼岸についてまとめていきたいと思います。

豆知識感覚で気軽に読んでいってください。

 
そもそもお彼岸とは何?
お彼岸とは「彼岸」という仏様のいる場所のことを指し、亡くなった方がきちんと煩悩を脱し、私たちが生きている世界(此岸)から彼岸にいくために行うものです。

 
お彼岸はいつ?なぜその日がお彼岸なのか?
お彼岸は春分の日(3月20日~21日のうちの一日)とその日の前後3日間を含めた一週間、秋分の日(9月23日頃)の一日とその日の前後3日間を含む一週間がお彼岸の期間です。

ではなぜこれらの日がお彼岸なのか?というと、春分の日と秋分の日は、昼と夜の時間がほぼ一緒になることから太陽が真東に上り真西に降りていく日です。

西の太陽に祈りを捧げることで煩悩が払われるということからこの日にお彼岸が行われるようになったんですね。

 
お彼岸には何をするの?
主に仏壇やお墓の掃除をしてお花や果物を添え、お墓参りをする日ですね。

もし家族で毎年お彼岸にお墓参りをされている方がいれば、その方に詳しく聞いてみるといろいろわかるかもしれません。

その家族や家系が毎年続けているお彼岸の文化を改めて知るのも面白いかもしれませんよ。

もし感謝してもしきれない大切な人がなくなってしまった方はお彼岸に今までの感謝の気持ちを込めて、きちんと三途の川を渡り幸せになることを祈ってあげるといいかもしれませんね。

 
お墓参りにもっていくもの
この記事を読んで、「よし!次のお彼岸にはお墓参りに行こう!」と思われたあなたに、お墓参りに持っていくといいものをいくつか紹介していきたいと思います。

 

・歯ブラシ

名前が彫ってある部分は汚れがたまりやすいので歯ブラシを持っていくと簡単にきれいにすることができますよ。

細かいところの掃除にとても便利ですので、是非お墓参りに行くときには持って行ってください。

 

・チャッカマン

お線香の束に火をつけたことがある人はわかると思うのですが、お線香の束は火がとても着きにくいですよね。

100円のライターだと手が痛いですし、風ですぐに消えてしまったりとなかなか苦戦してしまうものです。

ですのできちんと安全に火が使えるチャッカマンをもっていくと簡単に火をつけることができます。

風が強いときは火の扱いに注意してくださいね。水の用意も忘れずに!

 

・ほうき、軍手、草取り鎌

お墓にはクモの巣や濡れた草などあまり素手で触りたくないものがたくさんありますので、これらのものを用意しておくと隅々まできれいにすることができますよ。

鎌を使うときには注意してください。

 
まとめ
お彼岸墓参り1
お彼岸について紹介しました。

お彼岸にお墓参りをすることにはきちんと理由があったんですね。

最近お墓参りに行ってないな・・・なんて方は、今年のお彼岸にはぜひお墓参りに行ってみてはどうでしょうか?


 - 生活 ,