ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

湿気の多い日は困りもの! 車内の臭い対策の方法は?

      2016/11/26

湿気の多い日は困りもの! 車内の臭い対策の方法は?
車内臭い対策1
じめじめと湿気が多い日は、困ることが多いですね。

何となく気持ちも晴れないし、髪型も決まらないし、お菓子もすぐに湿気ってしまう……。

 

それに、独特のあの嫌な臭い気が気になってしまいます。

部屋干しの洗濯物の臭いもそうですが、もっと気になるのは車内の臭いです。

車内に乗り込んだときのむわっとする臭いや、エアコンをつけたときに車内に広がるあの感じ……。

自分自身でも嫌なのに、突然人を乗せることになったときなどは、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

車内の臭いで、人と変に気まずくなったら嫌ですよね。

 

そんな思いはしたくないですよね?

そのためには日ごろから車内が湿気で嫌な臭いがしないように、しっかり対策をとりましょう。

 
臭いの原因は?
まず、車内の嫌な臭いの原因は一つではありません。

タバコや臭いの強いファーストフードなどの食べ物、他にもありますが、極め付きはカビです!

湿気が多いとカビが増えます。

カビだけでも嫌な臭いなのに、それが他のものと混ざってますます嫌な臭いに……!

それを香りの強い芳香剤で無理やり抑え込もうとすると、もっと混ざって大変なことになってしまいます。

湿気ている時期の車内の臭い対策に必要なのは、まず一番にカビを撃退することです。

 
まずはカビを撃退しよう!
カビはジメジメしたところが大好きです。

撃退するには、風通しをよくしなければなりません。

いつも締め切っている車内でエアコンをつけているとしたら、空気はこもり放題でカビも増え放題で、嫌な臭いもこもり放題です。

 

まず、風を通すためにドアを開け放ちましょう。

少し面倒に思うかも知れませんが、運転席だけではなく、助手席も後部座席も全部開けるとより効果的です。

表面に風を通したところで、次は内側にも風を通しましょう。

エアコンのフィルターを交換し、こびりついた臭いの元をさっぱりきれいにします。

それからエアコンを使う際は、外気ボタンにしましょう。

内気ボタンを押して空気を車内で循環させていると、臭いがこもります。

風を取り込んでカビの増加を抑えたところで、次の臭い対策をしましょう。

 
次は車内の清掃!
車内の掃除をし、ごみはすぐに捨てるようにします。

食べ物や飲み物の入った袋やくずなどがあるままだと、臭いの元になります。

仕上げに消臭スプレーをかけて、再度風を通してしっかり消臭スプレーも乾かしまします。

あとは、普段から少し気にかけていれば、車内の臭いはだいぶ良くなります。

車内に乗り込んだらすぐにエアコンをつけるのではなく、暫くは窓を開けて風を通しだけでも変わります。

タバコを吸う際も、窓を開けると良いですね。

ごみは溜めず、定期的に掃除もしましょう。

 
まとめ
車内臭い対策2
湿気の多い日の車内の臭いの元は主にカビ!

風を通してカビを撃退、そしてほかの原因を見直す!

これで臭いに悩まされず、突然人を乗せることになっても安心ですね。

なにより、いつものドライブがすっきり楽しめるようになりますよ!


 - 生活 ,