ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

スギ花粉2016 飛散時期はいつまで?対策にはどんなものがあるの?

      2016/04/08

スギ花粉2016 飛散時期はいつまで?対策にはどんなものがあるの?
花粉症 マスク
2月も半ばを過ぎ、だんだんと春らしくなってきましたね。

暖かくなるのはうれしいけれど、春といえば花粉症がつきもの。毎年この時期は悩まされる方が多いと思います。

一口に花粉症といっても原因はスギ花粉、ヒノキ花粉などありますが、特に多いのがスギ花粉によるものです。

我が家にもスギ花粉による花粉症の者がいるので、いつまで続くのかなと気になって調べてみました。

2016年のスギ花粉はいつまで続くのでしょうか?

 
☆花粉の飛散時期
お住いの地域にもよりますが、一番飛散する量が多いのが2月から4月です。

地域ごとで分けるとこのようになります(沖縄と北海道は原因となるスギがほぼないためスギによる花粉症の人が少ないそうです。しかし他の植物での花粉症の人はそれなりにいるとのことです)。

 

   東北地方 2月下旬~4月中旬

   関東地方 2月上旬~4月下旬

   東海地方 2月下旬~3月中旬

   関西地方 2月下旬~3月下旬

   九州地方 2月中旬~3月中旬

こうして見てみると特に関東は長いことがわかりますね。

一番期間の長い関東でも4月いっぱいで終わる!と思ったら実はそれ以外の時期でも、量は少ないもののほぼ一年中飛散し続けているそうです。

 
☆スギ花粉の後は・・・
さらにこの後にヒノキ花粉の時期(ピークは4~5月)がやってくるかと思うと・・・本当に長いですね。

けっこう「スギ花粉とヒノキ花粉のダブルで」って方多いらしいです。

友人とその愛犬が花粉症で(私は犬の花粉症って初めて見ました)、特に友人はヒノキ花粉の花粉症でもあるので、この時期に会いに行くと目が真っ赤になった友人と愛犬がお出迎えしてくれます。

話がそれてしまいましたが、スギ花粉だけと考えても4月下旬まであと2か月はありますね。

程度の重い軽いはあっても目のかゆみや鼻詰まりなどはつらいですよね。

 
☆簡単にできる花粉症対策
できるなら春の間は外には出たくない!という方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はそういうわけにもいきませんよね。

そこでご自分でできる花粉対策としてこんなものがあります。

・外出時はマスクやゴーグルを着用する

・洗濯物は室内で干す(外で干したものは取り込む前に花粉を払い落とす)

・花粉がつきにくい素材の服を着る

・家に入る前に服についた花粉を払い落とす

・外から帰ったら手洗い、うがいをする

・花粉が入るので窓や戸を開けっぱなしにしない

・こまめに掃除をする

・空気清浄機を使用する

こういった対策をとることで体内に取り込む花粉の量を少しでも減らせるそうです。

 
☆花粉症には治療が必要?
ただし上記の対策をするだけで花粉症が治るわけではありません。

花粉症用の市販薬も販売されていますが、その人の体質や症状によって効果に個人差があります。

それぞれに合わせた治療が必要なので、医療機関を受診してご自分に合った薬や治療をしていただくのがいいかと思います。

 

さて、すでに2016年のスギ花粉の飛散は始まっていますがピークはこれからです。

暖かくなると外出の機会も増え、特に4月にはお花見をされる方も多いと思います。

せっかくの楽しみをスギ花粉で台無しにされたくありませんね。

早くからきちんと対策されている方もそうでない方も、外出の際にはマスクや目薬など用意しておいたほうがいいかもしれませんね。

余談ですが、私自身は花粉症ではないのですが、この時期にくしゃみが出ると「これはスギ花粉なのでは!?」と毎年疑ってしまいます。

同じように毎年思ってしまう方いらっしゃいませんか?


 - 生活