ALLライフスタイル

ライフスタイルや日常生活に役立つ情報をまとめています!

診療報酬とは?2016年の改定では何が変わるの?

      2016/04/08

診療報酬とは?2016年の改定では何が変わるの?
診療報酬1
あなたも何気ない日常で時々お世話になっている病院ですが、実はあなたが支払っている病院代の中には、診療報酬というものも含まれていることを知っていましたか?

2016年4月に診療報酬の規定が変わったことから、今回は、診療報酬と2016年の改定について、説明していこうと思います。

あなたの日々の病院費が4月から大幅に変わるかもしれませんよ?

 
診療報酬とは?
専門的な文章を並べると頭にたくさんの?が出ちゃいますのでとても簡単に説明していきます。

病院って実は、一度立てたら国がずっと金銭関係の面倒をみてくれて、公務員のように安定しているわけではなく、身近に絶対に必要なのにもかかわらず、自分たちで経営をしていかなければいけない病院も少なくないんです。

ちっちゃい歯医者さんとかですね。

診療報酬とは、お医者さんや薬剤師さん、また病院の運営費などに当てられるためのお金を、診療報酬といいます。

診療報酬の金額は、あなたに対し病院関係の人たちがどれだけ高い技術の仕事をしたかによって金額が決められます。

つまりがんの治療などの診療報酬は高くなり、風邪の診察などは安くなるということですね。

もちろん、あなたに対して一番適切なお薬をちゃんと選んで処方してくれている薬剤師さんに対しても診療報酬は支払われます。

この制度により、身近にないといけないけど、日本にある全病院の経済的問題を国が全部背負えないことから、少しでも病院関係の人たちの金銭的問題を支えようという考えて作られた制度なんじゃないかな?と個人的に考えています。

 
この診療報酬が私たちの病院費とどうかかわってくるの?
この診療報酬は、実は私たちが日ごろ支払っている医療保険の中から支払われているものです。

つまりこの診療報酬の規定が変わることで、あなたが払っている病院代がほんの少しながら左右されてしまうんですね。

ちなみに医療保険に加入していることで病院の窓口で支払う金額は3割負担で済みますが、加入していない人はかかった診療費を全額支払う形となります。

 
2016年4月からはどう医療報酬が変わるの?
診療報酬2
もしあなたが持病を持っていて定期的にお薬をもらっていたり、治療をしているのであればあなたの病院費は大きく作用されてしまうかもしれません。

4月からの医療報酬は全体から見て少し下がる傾向にあるのですが、内訳上どうしても上がってしまう部分がありますので、人によっては上がるかもしれません。それでは内訳の方を簡単に説明させていただきます。

  ・お医者さんが実際に治療や検査、診察などの診療報酬が少しだけ高くなります。

  ・薬剤師さんからのお薬の処方に関することは少しだけ安くなります。

つまり、診察などが高くなって、お薬が安くなるということですね。

今回の診療報酬の改定は、定期的にお薬を処方してもらっている人たちにとってはおいしい話のようですね。

 

私も鼻炎でよく病院でお薬をもらっているので、今回の医療報酬の改定は私にとってはいい話でした。

あなたにとって今回の医療報酬はどうでしたか?

万が一高くなってしまっても、一気に何倍も病院費が変わるというわけでないようなので安心してください。


 - 生活 ,